よみもの

狭い部屋でも広く感じる部屋にする方法

みなさんこんにちは。
ナホちゃんです。

新築の際、予算や敷地、間取りの関係で、
部屋を広くとれないという話を、
よく耳にします。

また、賃貸の場合では、
住む前は広く感じた部屋なのに、
家具を入れて住み出したら、
狭く見えるようになってしまった、
という経験をされた方も多くいらっしゃると思います。

狭い部屋でも広く感じる部屋にするためには、
どのようにすれば良いのでしょうか?

・新築時にできること

・少しの工夫でできること

の2つの観点から、その方法をご紹介していきます!

少しの工夫でできること

床を多く見せる

同じ空間でも、
家具の配置の仕方によって、
空間の見え方が変わります。

床をある程度まとまった面積で見せるようにすると、
視線に抜け感が出て、
空間が広く見えるようになります。

↑ルームスタイリスト2級認定講座テキストより

床面がまとまって広く見えるところをつくって、
空間に抜け感を出しましょう。

 

家具の量を減らす

一つで二役三役になる家具を選ぶことも、
部屋を広く見せるために効果的です。

・サイドテーブルとしても使用できるスツール
スツール60/アルテック
商品ページ

 

・折り畳みできるチェア
MG501 キューバチェア/カール・ハンセン&サン
商品ページ

 

・座面がペーパーコードのチェア
(ソファーは使わない)
Yチェア-CH24/カール・ハンセン&サン
商品ページ

などが、オススメです。

一つで二役三役になる家具を選び、
家具の量を調整してみましょう。

 

家具の脚にこだわる

脚がなく、
床にどっしりとついているソファーを選ぶより、
脚のついているソファーを選ぶ方が、
視線に抜け感ができるので、
スッキリして見え、
空間が広く見えます。
その際に、脚の細い家具を選ぶと、
さらに効果的です。

N301-03B/中村工芸
商品ページ

また、家具の脚の形を揃えると、
部屋が広く見えるようになります。

家具のスタイルは脚の形で決まるので、
脚の形が揃っていることで、
インテリアに統一感が生まれます。
統一感が生まれると、空間に違和感がなくなるので、
部屋が広く見えるようになります。

家具購入の際には、家具の脚の形に注目。
脚の細い家具を選ぶことも意識しましょう。

 

目線より低い家具を選ぶ

家具選択の際、
・ハイタイプより、ロータイプの家具
・腰高の家具
を選ぶと、視線に抜け感ができ、
部屋が広く見えます。

同時に、家具の高さを揃えると、
さらに部屋が広く見えるようになります。

↑ロータイプの家具でコーディネートをし、
かつ、家具の高さを揃えると、スッキリ、広いお部屋に見えます。

 

↑家具の高さが揃っていないと、
視覚的にノイズが入るので、
空間が狭く見えてしまいます。

目線より低い、ロータイプの家具、腰高の家具を選び、
家具の高さを揃えることを意識しましょう。

 

窓の前に家具を置かない

部屋で奥行きを感じる場所は、
ドアと窓です。

通常、窓、特に掃き出し窓は、
ドアよりガラス面が多いので、
空間を開放的に見せることができる場所
です。

窓の前に家具を置いてしまうと、
せっかくの開放感が損なわれます。
視線に抜け感がなくなってしまい、
部屋が狭く見える原因になるので、
要注意です。

掃き出し窓の前には、モノを置かない。
ガラス面の抜け感を損なわないようにしましょう。

 

鏡をかける

壁にミラーをかけると部屋の様子がミラーに映ります。
部屋の様子がミラーに映り込むことによって、
空間に奥行きが出たかのような錯覚を起こすことができるので、
部屋が広く見えるようになります。

これは、店舗デザインにおいても使用されている手法です。

ミラーを使って、空間に奥行きを演出しましょう。

 

照明でコーナーを消す

壁や天井、床が互いに接する部分を光で照らし、
見えないようにすると、

空間の終点が真っ白に消え去ります。

そうすることで、
空間に広がりが出るので、
広い部屋に見えるようになります。

スタンドライトやテーブルライトを
壁際に置くのがオススメです。

 

・アームライトを壁際に向かって照らす
NJPテーブル/ルイスポールセン
商品ページ

・クリップライトをでっぱりにつける
LEDクリップライト/無印良品
商品ページ

・はたがねという金属を使ったライト
BRANCH BIT LAMP
商品ページ

・フックや出っ張りにかけられる、ハンガーライト
eN hanger light/eN PRODUCT
商品ページ

もオススメです。

POINT:フォーカルポイントを意識するとなおよい

さらに、部屋の中で、
フォーカルポイントとなる部分の、
壁や天井、床が互いに接する部分を光で照らすことも
オススメ
したいです。

フォーカルポイントは、
ドアを開けて部屋に入った時、
最初に目に入る場所のことで、
部屋のコーナーであることが多いです。

自然と視線の集まるこの部分に、
照明の効果を用い、
奥行きを作ると、
視線の抜け感が強調されるので、
かなり効果的です。

壁や天井、床が互いに接する部分を照明の光で照らし、
空間の広がりを演出してみましょう。
特に、フォーカルポイントに奥行きをつくることがオススメです。

 

新築時にできること

天井高を部分的に高くする

新築時、1階の水まわりやパントリーに坪数がとられてしまい、
LDKの広さをあまりとることが出来なかった、
ということがよく起こります。

そんな時は、LDKを吹き抜けとしたり、
部分的に天井高をあげることによって、
空間を広く見せることができます。

↓吹き抜けの空間
玄関からLDKに入った時に、開放感を感じることができるので、
実際より、LDKが広く感じられるようになります。

↓折り上げ天井を用い、部分的に天井高を上げた空間
リビングに開放感を感じることができるので、
実際より、リビングが広く感じられるようになります。

LDKを吹き抜けとしたり、
部分的に天井高をあげることができるか、
設計担当者に相談してみましょう。

 

壁と天井の境界に気を遣う

壁と天井の境目には、廻り縁という部材を入れます。
主に木調の材が入っていることが多いのですが、
この部材をシームレスな部材に変えるだけで、
空間が広く見えるようになります。

POINT:オススメはF見切り

左の写真は、F見切り、
右の写真は、F見切りを使った空間です。

F見切りを使うことで、
壁と天井が接するところに、
隙間をつくることができます。
天井にフロート感が生まれるので、
天井が高く見えるようになり、
部屋が広く見えるようになります。

 

カラーコーディネートに気を遣う

お部屋を広く見せるには、
お部屋のベースカラーを整えることが重要です。
ベースカラーとは、
部屋の床・壁・天井の色のこと
です。
ベースカラーは、部屋の70%程を占める色です。
このベースカラーをしっかり色合わせすると、
お部屋がとっても広く見えます。

POINT:ザ・ドア論~色には3つのベースがある~

ベースカラーを整えるインテリア理論の中に、
ザ・ドア論というものがあります。

ザ・ドア論では、ベースカラーである、
フローリングの色、壁・天井の色を、
ドアの色から導き出していきます。
このドア論がお部屋を広く見せる際に、
とっても効果的です。

ザ・ドア論は、”あらゆる色は、大きく分けると、3つのベース(3ベース=THREE BASE)を持っている”という、3ベースカラーという考え方に基づいてつくられています。

ザ・ドア論では、ドアの代表的材料には、”木”があり、
この木の色は橙でつくられていると考えます。
ドアの代表色は、橙と捉えるのです。

そして、ドアの色である橙を、
赤橙・橙・黄橙の3ベース(THREE BASE)に分類
します。

ドアが、赤橙・橙・黄橙のうち、
どのベースカラーを持っているのか見極めたら、
そのドアの色のベースカラーに合わせ、
フローリングの色、壁・天井の色を選択していきます。

 

■橙のドアの場合

同じ部屋であっても、
左のカラーコーディネートでは、
橙のドアの色に対し、ベースカラーが合っていないため、
空間に違和感があり、どうしても空間が狭く見えてしまっていますが、
右のカラーコーディネートになると、
橙のドアの色に対し、ベースカラーが揃っているので、
穏やかで、広がりのある空間に見えます。
※突き当たりのブルーの壁は、緩和色(ケンカをしない色)

広く見える空間実例~施工事例の紹介~

広く見える空間実例として、
私がインテリアデザインした、
リノベーション物件の空間をご紹介いたします。
新築でも応用できる内容となっています。

まず、物件のBefore写真をご覧ください。
床から天井までが2m20cm程の、天井の低い空間。
始めこの空間にいると、すごく圧迫感がありました。

この空間が…
リノベーション後、広く見える空間に大変身。

リノベーション後の空間は、このようになりました。
リノベーション前よりも、
空間が広く見えるようになりました。

天井高が低く、狭く見える空間を、
広く見せるためにどのようなことを工夫したのか。

2つのポイントをご紹介します。

POINT1:F見切りを使用

天井と壁の境界に、先程お話しした、
F見切りを使用したので、
天井にフロート感が生まれました。
天井が高く見えるようになり、
部屋が広く見えるようになりました。

POINT2:3ベースでカラーコーディネート

“ザ・ドア論では、ドアの色を、赤橙・橙・黄橙の3ベース(THREE BASE)に分類する”
とお話ししましたが、この空間の場合、ドアの色は、白です。

ザ・ドア論の基となっている、3ベース理論によると、
白も、赤・黄・青の3つのベースに分類することができます。

この空間のドアは、白は白でも、黄味がかった白に塗装されています。
よって、このドアは、白の3ベースの中でも、黄味の白に分類されます。

この施工事例では、白の3ベースの理論を基に、

壁と天井の色は、ドアの色と同系色に。

アーチ開口の枠もドアの色と同系色に塗装。

したため、ベースカラーが整い、空間が広く見えるようになっています。

※補足
本来ならば、床の色も、このドアの色を濃く、または淡くした色にするべきなのですが、
床は緩和色(ケンカをしない色)である、黄味の薄いグレーとしました。

天井高を高く見せるために、F見切りを使用。
空間に広がりを演出するために、ドア論を使ったカラーコーディネートを実践。

 

まとめ

狭い部屋でも広く感じる部屋にする方法について、

■新築時にできること
■少しの工夫でできること

の2つの観点からお話してきました。

これまでご紹介してきたルールを実践していくことで、
お部屋は見違えるほど広く感じるようになります。
ぜひ参考にしてくださいね!